バイオデオドラントウォーターのメカニズム

塩素でもアルコールでもない、人に優しい除菌・消臭水

人や動物は微生物と共存しています

「常在菌」という言葉を聞かれたことはあるかと思いますが、人は体内だけではなく口腔内や皮膚などで微生物と共生をしています。

人は、胎内では無菌状態ですが産まれると同時に菌に感染します。母親の産道を通ることで、そして外気や周囲の人間から菌が付着するのです。そしてこれらの細菌が、口腔内、皮膚、消化管に住み着くようになります。口腔内には約700種類が1,000億個以上、皮膚にはブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)など200種類以上が約100万個、腸内細菌は乳酸菌、大腸菌をはじめ約400種類が100兆個以上存在すると言われており、これらの常在菌が人と共に共生しているのです。

腸内細菌を例にとりますと、腸内細菌は腸内フローラと呼ばれる細菌叢を作り、栄養の供給・消化できない食べ物の代謝・感染症の防止・免疫力を保つなど、生きるうえで必要不可欠な働きをしています。腸内フローラのバランスが崩れると、便秘や下痢、食中毒、敗血症、大腸炎、肥満、アレルギーなどさまざまな病気を引き起こしやすくなります。そのため、乳酸菌やビフィズス菌、酵母を摂取して腸内フローラのバランスを改善させることが大事だと言われています。

この「常在菌の存在」そして「常在菌のバランス」こそが非常に重要な鍵であり、人の皮膚においても常在菌をバランスよく整えることで皮膚表面をバリアする働きを促し、外敵や紫外線から私たちを守ってくれているのです

常在菌は生体にとって必要でありそのバランスが重要です

某有名芸能人が皮膚表面の常在菌を死滅させないために「入浴時にボディシャンプーを使わない」とコメントしています。

バランスの良い常在菌は生物を外敵から守ってくれる働きをしますが、アルコールや塩素系の除菌剤を使うことで常在菌は影響を受けてしまいます。さらには肌の角質層まで破壊してしまう恐れもあります。

その際、一部の菌(生きるための酸素を必要としない菌=嫌気性微生物)は角質層の奥に逃げ込み生き続けます。一方で酸素を必要とする菌(好気性微生物)はそれができませんので除菌剤の化学物質により死滅あるいは流出してしまいます。この状態が続くと常在菌のバランスが崩れ一部の菌だけが繁殖をし続けることになってしまいます。生きるために酸素を必要としない菌の多くは有機物を腐敗させ、これが悪臭の元となります。さらには、常在菌で覆われていた肌表面のバリアが壊れ、病原菌のような生体にとって好ましくない菌の侵入を可能にしてしまいます。

生体にとって肌表面の常在菌とは肌全体を雑菌などから守ってくれるバリアの働きをしてくれています。そして何よりもバランスの良い常在菌の働きにより臭いの元となる一部の菌(悪玉菌)の過剰な増殖を防いでくれているのです。

バイドデオドラントウォーターは好気性と呼ばれる微生物で構成されています。悪玉菌が多くなりがちな肌表面に噴霧していただくことでバイオデオドラントウォーターの好気性微生物が肌全体をコートし雑菌の侵入や繁殖を防いでくれるのです。そして好気性微生物は有機物を腐敗させずに分解する働きをしますので悪臭の発生を抑えてくれるのです。

化学物質を一切使わないバイオデオドラントウォーターは、生体の肌本来が持つ常在菌のバランスを整え病原菌から肌をも守ってくれます。乳幼児を始め化学物質に敏感な肌の人にも安心して使っていただける”最も安心・安全”な除菌・消臭水なのです。

 

 

事例)靴の除菌・消臭水のケース

バイオデオドラントウォーターは「殺菌」ではなく「抗菌」です。この点がバイオデオドラントウォーターの最大の特徴です。

この仕組みを人間の足と靴の関係でご説明します。

左図1のように、人の足裏は角質層の外側に皮脂膜があり常在菌がバリア層を形成しています。一方で、靴底は菌の棲み家となっていて白カビ菌などの悪玉菌が悪臭の元を作り出しています。

 

さて、この靴底や足裏に一般的な殺菌剤を散布するとどうなるでしょうか。表面の菌は殺菌されるものもありますが、白カビ菌は殺菌剤があたっていない場所を探して移動します。靴底の内部や足裏の角質層です。

足のほうはどうでしょう。足裏の皮膚は殺菌剤の影響で皮脂膜や角質層の一部が破壊され、そこに白カビ菌が逃げこむ場所を作ってしまいます。(図2)

このように、一般的な殺菌剤は全ての菌を死滅させることはなく、白カビ菌などの悪玉菌は靴底や肌の奥に逃げ込んでいるのです。そしてそれが再繁殖し殺菌剤を散布する前の状態に戻ってしまうのです。

 

ではバイオデオドラントウォーターの場合はどうでしょうか。もちろんバイオデオドラントウォーターは皮脂膜や角質層を侵すことはありません。皮膚のバリア機能を保ったままバイオデオドラントウォーターの善玉菌が強力に皮脂をコートし悪玉菌が皮脂や角質層に侵入することを防いでくれます。靴底に関しては、バイオデオドラントウォーターの善玉菌が表面をコートし有機物を分解するとともに悪玉菌の栄養源を絶ち悪玉菌を死滅させます、これがバイオデオドラントウォーターの除菌消臭作用です。(図3)

偏性好気性微生物群について

バイオデオドラントウォーターの成分は偏性好気性微生物群です

バイオデオドラントウォーターに含まれる偏性好気性微生物群とは

多くの生物は、酸素を呼吸という行為で体の中に取り込み、化学反応を起こしてエネルギーを得ています。このことを好気性と呼びます。しかし一方で、酸素を好まない生物もいます(嫌気性と呼びます)。

好気性生物とは、酸素を利用した代謝機構を備えた生物のことです。ほとんどすべての動物、真菌類、そしていくつかの細菌は好気性です。 嫌気性生物とは、増殖に酸素を必要としない生物のことで、ほとんどの嫌気性生物は細菌です。代表的なものは、嫌気性バクテリアとよばれるもので、地中や海中など酸素のない場所に生息しています。人の腸の中に生息するビフィズス菌も嫌気性の菌になります。

嫌気性微生物(悪玉菌)は有機物を腐敗に向かわせてしまいます。しかし好気性微生物群(善玉菌)は有機物を分解する方向に働きかけてくれます。

ヒトの皮膚表面にはブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)など200種類以上の菌やウイルスなどが存在しています。ブドウ球菌は好気性のため毛包内腔の浅いところより皮表にかけて、アクネ桿菌はやや嫌気性で毛包~脂腺導管内腔の深部に棲息しています。アクネ桿菌は脂漏部位に多く分布して思春期に増加し、「にきび」の原因に関与していると言われてます。好気性微生物は酸素を取り込むため表皮に生息しているため、石けんや洗浄剤を使いすぎたり皮膚を過度に摩擦したりすると肌表面から流されてしまう傾向にあり、このような状態が続くと常在菌のバランスが崩れてしまいます。これを補い常在菌のバランスを他持つのがバイオデオドラントウォーターに含まれる偏性好気性微生物群です。

ご利用シーン

バイオデオドラントウォーターは様々な場面でご利用いただけます

 

バイオデオドラントウォーターは手指の除菌だけではなくいろいろなシーンでご利用いただけます。
化学物質を使用していないので人や動物に優しいのはもちろん、金属・皮革・ゴムなどの素材を侵すこともありません。

【使用方法】
菌や臭いが気になる場所に直接スプレーしてください
【使用上の注意】
●直射日光を避け冷暗所に保管してください
●口に入っても人体に影響はありませんが飲料用ではありません
●幼児の手の届かないところに保管してください
●異常を感じた時は使用を中止してください
●開封後はお早めにお使いください

品名バイオデオドラントウォーター
用途タバコ臭・ペット臭・生ゴミ・衣類などの消臭
キッチン・トイレ・お風呂場などの除菌消臭
車内・室内の空間除菌消臭
ウイルス・菌対策など
成分偏性好気性微生物群・医療用パーライト・酵素・純水